韓国ニュース

記事紹介

「危機の朝鮮半島、いまは平和のために行動しなければならないとき」各界市民社会団体が「光復77周年8・15自主平和統一大会推進委」を発足

【2022年7月22日】

各界市民社会団体が「光復77周年8・15自主平和統一大会推進委」を発足

統一ニュース 2022.07.14

2022年光復77周年を熱く迎えるための「8・15自主平和統一大会」が準備されている。

6・15共同宣言実践南側委員会と民族和解協力汎国民協議会、市民平和フォーラムをはじめ各界91の市民社会団体は14日、ソウル・韓国キリスト教会館で「光復77周年自主平和統一大会推進委員会」を発足させた。

8・15推進委は全世界的な新冷戦の到来と朝鮮半島の緊張と危機が高まる状況で、「いまは平和のために行動しなければならないとき」だと訴えた。

8・15自主平和統一大会は8月13日午後3時、南大門、ソウル駅近くで開始し、龍山・大統領執務室までの2.7キロメートルを更新する8・15自主平和統一大行進とあわせて進行する計画だ。

14日午前までに大会参加を確定したキョレハナ、6・15南側委の各地域本部、民主労総、韓国労総、汎民連南側本部、韓国進歩連帯、韓国YMCA全国連盟をはじめ91の市民社会団体から約一万人が参加する予定。

これに先立ち、8・15推進委は7月23日から8月10日まで、国内の市郡区70余カ所と世界主要都市30余カ所で同時に平和行動を展開し、国内外各界団体の連名で国際平和宣言を作成し、8月10日ごろ別途に発表する計画だ。

8・15推進委発足 記者会見文

危機の朝鮮半島、平和のために行動すべきときです。

ウクライナ戦争以後、世界は大きく変わりつつあります。新しい冷戦時代が開かれているとの展望の中で、不確実性はさらに大きくなっています。戦争による民生危機と安保危機は単に東欧にだけ極限されません。このまま新冷戦が本格化するならば、冷戦時代がそうであったように、朝鮮半島は東アジアで最も先鋭な軍事的対決構図の下に置かれることになるでしょう。

新冷戦的な対決が本格化する中で、残念ながら南北対話と朝米協議はすべて中断された状態です。その間に変化した世界秩序により、朝米合意履行の可能性は薄くなり、政権交代以後、南北関係改善の展望も明るくありません。

政府は南北関係を始める前に北を「主敵」と規定しました。前政権の対北政策は失敗したとし、対話の代わりに「力を通じた平和」だけを主張しています。韓国型3軸体制構築をはじめとする新鋭兵器導入と軍備拡張、拡張抑止強化のための戦略資産展開、韓米合同軍事演習の実機動訓練再開などがすでに実行段階に入っています。対話のための環境をつくろうとする代わりに、対決を準備しているといっても過言ではありません。

さらに深刻な問題は政府の韓米同盟一辺倒の対北政策、外交政策が朝鮮半島に新冷戦秩序を呼び込んでいるという事実です。韓米間のグローバル包括的戦略同盟という名の下に進められてきたNATО首脳会議参加と韓米日3カ国共助強化、インド太平洋経済枠組み(IPEF)への参加宣言など、一連の歩みは陣営化されていく世界の一方に韓国をおしこめるものです。

米中、米ロの葛藤を軸に分かれている世界で、韓国は韓米同盟という名の下に、インド太平洋戦略の「核心軸」となっています。陣営化されている世界の一方で核心軸の役割を担当するということは、対中国の前進基地を自任することを意味します。インド太平洋戦略の「核心課題」と呼ばれる韓米日三角同盟は、対中、対北対決を加速化するだけでなく、北中ロ三角同盟を対決の一方にすることでもあります。

さらに日本軍性奴隷制、強制動員問題をはじめとする日帝過去史の清算なく、平和憲法さえ破棄しようとする自衛隊の軍事協力は、歴史正義を打ち捨て同じ歴史を繰り返す愚をおかすことになります。

朝鮮半島を取り巻く情勢は一寸先も見通すのが難しい状況です。朝鮮半島周辺における頻繁な戦略資産の展開と戦争演習はすでに危機を日常化しています。8月の韓米合同軍事演習の期間、戦略資産が展開され実機動訓練が再開されたならば、緊張はさらに高まると予想されます。

この間禁止されていた対北宣伝ビラが公然と散布されながら、北との境界地域の緊張も高まっています。いつ衝突が起こっても異常ではない状況へと突き進んでいます。

69年目を迎え持続している停戦体制をまだ終えることができない朝鮮半島で、また戦争が起こることは絶対あってはなりません。しかし、いま朝鮮半島は不安定な停戦体制さえ維持しがたい状況に置かれています。戦争を終えなければなりません。戦争を呼ぶ対決と韓米日軍事協力を中止しなければなりません。

解放77周年、停戦69年となる今年、わたしたちは大きな挑戦に直面しています。強大国の力ではなく、ひたすらわたしたち自身の力だけが主権と平和、民生を守る唯一の道です。いま、平和のための行動が必要です。

光復77周年8・15大会推進委員会は8・15光復節まで、平和を愛する全世界と韓国の市民とともに<100都市平和行動(国内70カ所、海外30カ所)>など、積極的な行動と連帯をつくっていきます。

米国と尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権の対決政策を憂慮し、南北関係改善と平和、歴史正義と主権実現に同意するすべての人と手をつなぎ、ともに行動しましょう。

戦争を防ぎ、平和な未来をつくる道をともに進んでください。

朝鮮半島の戦争を終え、平和協定を締結せよ!

南北、朝米共同宣言を実現しよう!

敵視行為と軍事威嚇を中止せよ!

朝鮮半島の戦争危機を呼ぶ韓米日軍事協力、韓米合同軍事演習を中止せよ!

朝鮮半島の戦争基地化、米軍基地拡張に反対する!

対日屈辱外交を中止し、韓日歴史正義を実現せよ!

日本の平和憲法改定に反対する!

2022年7月14日

光復77周年8・15自主平和統一大会推進委員会