在日韓国民主統一連合

〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3-21 相原ビル4F
℡ 03-3862-6881/fax 03-3862-6882
e-mail:chuo@korea-htr.org

 統一をめざし新しい時代をひらく

 

韓統連

 

在日韓国民主統一連合

  


在日韓国民主統一連合(韓統連)とは

在日韓国民主統一連合(韓統連)は、韓国社会の民主化と祖国の統一をめざす在日韓国人による団体です

▲在日同胞がひとつになり、祖国がひとつになること、韓統連は頑張ります

在日同胞の民族的権益と人権を守り安定した生活を確立するためには、在日同胞がひとつにならなければなりません。
同胞が南北に引き裂かれ反目したり、ばらばらになっていたのでは、きびしい日本の差別社会の中で私たちの権利と暮らしを守ることはできません。
在日同胞がひとつになり、南・北・海外同胞がひとつになり、祖国がひとつになること、そのために韓統連は努力します。

▲在日同胞の苦しみは祖国の分断からもたらされています

在日同胞は生活基盤のある日本社会と結びついているだけでなく、直接・間接にウリナラ(私たちの祖国)とも結びついています。また、ウリナラと日本との政治・外交関係が、在日同胞の生活にさまざまな形で影響を及ぼしています。
在日同胞のさまざまな苦難は、なによりも祖国の分断状況からもたらされています。
また、分断された祖国と日本のいびつな関係が、在日同胞全体の地位を不安定なものにしているのです。

▲ひとつになることを妨げる「国家保安法」

私たち同胞がひとつになることを妨げているのは何なのでしょうか。
なによりも、韓国政府がいまだに南北敵対政策を捨てず、社会の民主化が進んでいないことが大きな原因です。
北韓(北朝鮮)を敵視し接触を罪とする「国家保安法」が、在日同胞の生活にも陰に陽に影響を与え、同胞どうしの和合を妨げています。朝鮮総連の同胞と会うことが罪になり、スパイの疑いをかけられるようなとんでもない法律がこの在日同胞社会を規制しているのです。

▲民主化と統一は在日同胞にとってたいせつな課題です

「国家保安法」など韓国の南北敵対政策にもとづく法律や制度のために、同胞の出会いと祖国への自由往来が妨げられています。こうした現状をそのままにして、統一を実現することはできません。
統一を実現するためには民主化がなしとげられなければなりません。
在日同胞に直接結びついた問題として韓国の民主化のために働きかけることは、在日同胞にとって当然の権利であり、大切な課題でもあるのです。
韓統連は、一貫して在日同胞の立場で在日同胞とともに、在日同胞自身の問題として、民主化と統一のために闘っています。

韓統連は、在日同胞の民族的権益と人権を守るために闘います

▲民族的誇りをもって生きることが困難な日本の差別社会

国内同胞と同じく在日同胞もまた、日本帝国主義による朝鮮植民地支配と半世紀にわたる分断の犠牲者です。むしろ在日同胞は国内同胞より深刻な状況にあるといえるかもしれません。
日本政府はいまだにかつての朝鮮に対する侵略責任を認めず被害者に対する補償を行おうとしていません。こうした中で在日同胞に対する差別は日常的に拡大再生産されてきました。そのために、日本社会の中で在日同胞が韓国人として民族的な主体性をもって生きることが難しくなっているのです。

▲民族性の確立は在日同胞全体にとって重要な課題

日本で生まれ育った2、3世が同胞社会の多数を占めるようになってきました。
在日1世たちは、国を奪われ、言葉を奪われても、民族としての誇りを捨てることはありませんでした。
しかし、生まれた時から韓国人であることをさげすむ環境の中で育ち、民族教育を受ける機会のない大多数の2、3世たちは、自らの民族性を否定的にとらえてしまいがちです。そのために、人間としての誇りすらもてない場合が多いのです。
民族の歴史と文化を正しく学び、自分自身を歴史性を持った民族の一員と自覚し、人間として誇りをもって生きる、そうした生き方を確立することは、きわめて重要な課題となっています。

▲民族学校をはじめ日本学校や地域での民族教育の確立が緊急の課題

民族性を確立するためには、ウリマル(ことば)や歴史、文化などを子どもの時から教え民族的主体意識を育てる民族学校が必要です。ところが、韓国系の民族学校は全国に4校しかないのが現状です。韓国政府に積極的に働きかけ、民族学校の拡充を求めていかなければなりません。
また、大多数の在日同胞が日本学校に通っている現状から、日本学校における民族学級の設置や、地域での民族教育の保証を日本の行政に求めていくことも必要です。そのために、同胞が力を合わせ、多くの日本の人々との協力関係も強めていかなければなりません。
韓統連は各地域でこうした運動に取り組んでいます。

▲韓国政府は在日同胞の権益を守るために努力すべきです

在日同胞に対する差別的な処遇はかなり改善されてきています。しかしこれも在日同胞や日本の人々のねばりづよい闘いによってかちとられたものです。
日本政府自らがかつての植民地支配を反省したうえで、在日同胞の処遇について特別に配慮した政策をとったことはこれまで一度もありません。
こうした日本政府の対応を容認してきた歴代の韓国政府にも大きな責任があります。
韓統連は、在日同胞の民族的権益を守るために、日本政府に対して要求すると同時に常に韓国政府に対しても要求してきています。

▲同化をせまる構造を打ち破るのは在日同胞のひとつになった力

韓統連は、指紋押捺制度の廃止など、外登法の改正を要求して闘ってきました。しかし、外国人に対する法的制度的な治安管理政策は今も一貫してつづけられています。また、教員採用や地方公務員採用における就職差別は今もそのままです。こうした制度的な差別構造があるために、ときに日本の社会的な排外主義が、チマ・チョゴリ切り裂き事件のように暴力的にあらわれたりするのです。
在日同胞が安定した在留や生活を求めるなら、日本への帰化=同化を選択するしかない状況がつくりだされています。
在日同胞の生活と権利を守るのは在日同胞自身です。韓統連は、同胞が力を合わせ、日本の人々とも協力しながら、あらゆる差別と圧力から同胞の民族的権益を守るために闘います。

韓統連は、アジアの平和と新しい友好関係をつくりだすために連帯運動に取り組みます

日本の社会が民主的で人権を尊重する差別のない社会であることを、私たち在日同胞も望んでいます。また、ウリナラと日本をはじめアジアの平和はみんなの願いです。
そのために努力する日本人の良心的な人々との協力関係を、韓統連は大切にしながら連帯運動に取り組んでいます。
政党や労働組合、さまざまな民主団体、弁護士など多くの日本人の良心的な人々が、在日同胞に対する差別の現状やウリナラと日本とのいびつな関係に関心を持ち、それらをただすために、またアジアと世界の平和のために努力しています。
こうした日本の民主勢力との協力関係を強めることは、統一を実現するのに有利な環境をつくりだすだけでなく、統一したウリナラと日本との新しい関係をつくりだしていくとき大きな力になることでしょう。

統一祖国と日本の新しい関係をつくりだすなかで在日同胞の明るい未来がひらかれます

在日同胞の苦しみは、祖国の分断からもたらされています。
しかし、同胞どうしが分断され、ばらばらになって日本の差別社会にさらされている状況を固定的にとらえてはなりません。現状をそのままにして、どのように対応するかを考えるのでなく、この現状を変革すること(分断を克服し統一を実現すること)によって明るい未来を展望すべきなのです。
韓統連は、連邦制による祖国統一を主張します。南と北の社会制度をそのままにして連邦政府を構成し、1民族1国家2つの制度と2つの政府による統一祖国を実現することがもっとも現実的な統一の道です。
連邦制による統一が実現すると、在日同胞社会にも、南や北の団体などはそのままにしながら、連邦政府に対応した在日同胞の機構ができることでしょう。在日同胞の知恵と力を合わせて、統一時代を生きる子供たちのために民族学校を建設することが新しい課題になってくるかもしれません。
また、統一したウリナラと日本の新しい関係をつくりだしていくなかで、在日同胞社会の明るい未来が切り開かれていくことでしょう。


Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 韓統連中央本部. All rights reserved.