在日韓国民主統一連合

〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3-21 相原ビル4F
℡ 03-3862-6881/fax 03-3862-6882
e-mail:chuo@korea-htr.org

Archive for the ‘要望書’ category

まずはじめに、文在寅民主政府の出帆を熱烈に歓迎し、心よりお祝い申し上げます。 積弊勢力と「朴槿恵-崔順実」の国政私物化、李明博・朴槿恵政権の無能と腐敗で倒れてしまった国が生気を取り戻し「新しい大韓民国」に向けて力強く進んでいます。わが民族の未来に明るい光が見えます。希望が見えます。 5月10日は、国が国らしくなることを切実に願ったキャンドル革命の勝利でした。光化門で、全国で燃え上がるキャンドル集会に連帯し、在外同胞もともにキャンドルを掲げた、わが国民の勝利でした。数多くの民衆の犠牲と闘争を経て、ついに9年ぶりの政権交代が実現しました。夢見ていたことが現実になりました。 新政権のもと、国が一日一日まばゆいばかりに変化・発展していることを実感します。仁川空港で働く非正規職の正規職化、深刻な「微細ゴミ」対策として老朽化した石炭燃料の火力発電所の稼働中断、5・18民主化運動記念式で「イムのための行進曲」斉唱、親日美化および歴史歪曲の国定歴史教科書の廃止、「鄭允会文献」の再捜査、セウォル号惨事の真相究明と犠牲になった非正規職教師の殉職が認定されました。積弊政権では到底、実現不可能だった事案が、またたく間に実現される奇跡のような出来事が起こりました。これらは、私たちの疲れ切った生活に勇気を与え、生気を取り戻させる大きな力になっています。 積弊清算と国民の生活の変化。今日はどのような政策が発表され実行されるのかが待ち遠しい日々です。 私たちは毎年、5・18民主化運動の崇高な闘争精神を継承し、5月の英霊を追悼する記念式を東京、大阪、名古屋、広島などで開催しています。 今年の37周年行事では、9年ぶりに国内の国民と大統領とともに「イムのための行進曲」を斉唱できることになりました。大統領は記念辞で「新たに出帆する文在寅政権は、光州民主化運動の延長線上にある」と述べられ、5・18民主化運動とキャンドル革命の精神を尊重し、この地の民主主義を完全に復元するとおっしゃいました。光州抗争の英霊と遺族の痛み、国民の痛みを癒し、希望を抱かせるあいさつでした。 大統領は「朝鮮半島平和構想」を通じ、朝鮮半島の平和と南北の和解・協力の重要性を強調し、合わせて「ピョンヤンにも行く」と語られ、南北首脳会談の早期開催も示唆されました。 また、7・4共同声明と南北基本合意書、6・15共同宣言と10・4宣言の成果を大事に継承するとともに、平和をつくる安保と関連し、戦時作戦統帥権を早期に返還させると約束されました。朝米関係の改善を促し、太陽政策と対北包容政策の発展的継承も約束されました。そして、国民の心の中にある分断意識を和解と協力の意識で満ち溢れるよう努力し、ともに歩むことを誓われました。 保守政権9年間の対北敵視政策により、南北関係が最悪の状況下において、南北関係の改善は国民の切迫した要求です。朝鮮半島の戦争危機を克服するためにも、南北対話は至急の課題です。 このため、大統領のピョンヤン訪問に関する発言を積極的に歓迎します。どんな解決策よりも南北首脳が直接会えば、全ての事柄が容易に解決されるでしょう。 今年は7・4共同声明発表45周年、6・15共同宣言発表17周年、10・4宣言発表10周年になる年です。分断から71年が過ぎました。朝鮮半島に平和が宿り、南北が1つになる祖国統一。これ以上、先延ばしにできません。 当面して最も重要なことは、開城工団と金剛山観光の再開など6・15共同宣言の復旧、これまでまったく履行されなかった10・4宣言の実践です。米国と日本は6・15と10・4の履行をうとましく思 […]

  大韓民国大統領権限代行 黄教安 貴下    国内外の激しい反対にもかかわらず、韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」(3月1日~4月末)が強行され今、演習は今頂点を迎えようとしいている。韓米両軍の30万人以上が参加する史上最大規模のこの演習には、米国本土、グアム、日本の米軍基地からも空母や戦闘機などが動員される。その中で陸上、海上、空中の最新兵器から核弾頭の発射訓練が行われる。また北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に侵攻し、要人を殺害することを目的とした「斬首作戦」の訓練も実施されるとみられる。  この軍事演習はけっして「防御的」演習ではなく、北朝鮮を仮想敵国とした攻撃的な核軍事演習であることは、あまりにも明白である。演習はいつ実戦に転化するかも知れないし、いったん火が噴けば、それは核戦争となり、朝鮮半島は壊滅的な戦渦を免れない。  大統領の就任期間中に毎年、大規模軍事演習を繰り返してきた朴槿恵は、すでに弾劾された。朴槿恵の対北敵視政策が国民から拒否されたのだ。民意に従って黄教安大統領権限代行は、韓米合同軍事演習を中止しなければならない。  住民らの決死の反対運動にもかかわらず、サード(THAAD、高高度ミサイル防衛システム)が韓国・星州郡に実戦配備されようとしている。サードは北朝鮮はじめ、中国とロシアに向けられたものであり、サード配備に対して3カ国もそろって猛烈に反対している。米国MD(ミサイル防衛システム)の一環であるサードは韓国国民を守るのではなく、米国と米軍基地を守るために配備される。サード韓国配備は、アジア各国の際限のない軍拡競争を招くとともに、韓国を新冷戦の最前線に落とし込める。有事になれば、韓国は真っ先に敵国からの攻撃目標にされるだろう。百害無益のサード配備に国民の多くが強く反対している。  朴槿恵が国民不在のまま密室で合意したサードの配備は、源泉的に無効である。黄教安大統領権限代行は、サード韓国配備を即刻撤回しなければならない。  朴槿恵は安保・外交政策において、韓米合同軍事演習の強行、サード配備や日本軍「慰安婦」問題の韓日拙速合意など屈辱的な売国政策を行った。われわれは満腔の怒りで売国奴である朴槿恵の逮捕・投獄を要求する。   要求項目 1.韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」を中止せよ! 2.サード韓国配備を即刻中止せよ! 3.売国奴・朴槿恵を逮捕・投獄せよ!   2017年3月15日 在日韓国民主統一連合 在日韓国青年同盟 在日韓国民主女性会 在日韓国人学生協議会

国会議長 丁世均 貴下    民主主義と平和統一、および国民の権利を守護、伸長するために献身的に活動されている丁世均国会議長に衷心からの敬意と感謝の意を表します。    大韓民国の国民である私たちは、在外国民に参政権が付与されて以降、母国の参政権を積極的に行使してきました。母国の選挙に参与することで在外国民は国民としての自覚と責任および喜びを強く感じています。    ご存知のように、今年の大統領選挙は任期満了前に実施される可能性が非常に高まっています。しかし現在の公職選挙法では今回の大統領選挙が任期満了に伴う選挙ではない場合には在外国民の選挙投票が実施されないことになっております。言うまでもなく参政権は国民の基本権として不可欠なものであり、それを保障するために立法府は最善を尽くす義務があると思います。    時間が切迫しています。今回の大統領選挙にぜひ参与したいという在外国民の熱意を受け止めていただき、在外国民も参政権を行使できるよう公職選挙法改正を早急に行うよう懇切に要請するところです。   2017年1月26日 在日韓国民主統一連合 議長 孫亨根

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 韓統連 主張・声明・決議文. All rights reserved.