韓国ニュース バックナンバー

『週刊韓国ニュース』第186号(2018.11.30)

※写真サイトは 『写真サイト 第186号』 からご覧ください。

●6・15南側・北側委員会が中国で政策協議、金剛山での「新年を迎える共同行事」に合意

6・15共同宣言実践南側委員会と同北側委員会は11月23~24日にかけて、中国・瀋陽で政策協議を行い、「新年を迎える共同行事」を2019年1月末〜2月初めに金剛山で開催することに合意した。10月にピョンヤンで開かれた「10・4宣言11周年記念 民族統一大会」、11月初めに金剛山で開かれた南北民和協による共同行事に続き、3回目となる大規模な民族共同行事として注目される。

6・15南側委員会は「『新年を迎える共同行事』は、板門店宣言と9月ピョンヤン共同宣言の支持・履行に向けた決意を高める場に、また平和を愛し、民族の繁栄を願う各界各層が幅広く参加する和合の場になるだろう」と明らかにした。

●遺族とサムスン電子が和解、サムスンの半導体工場で白血病が相次いだ問題で

11月23日にソウル市内で、市民団体「半導体労働者の健康と人権の守り手」とサムスン電子の両者が、「サムソン電子半導体などの事業場における白血病などの発病と関連した問題を解決するための調停委員会」の仲裁案を内容とする協約書に署名する協約式が開かれた。

サムスン電子の半導体工場などで働いた労働者が相次いで白血病を発症した問題は2007年、娘を白血病でなくした「守り手」黄相起(ファン・サンギ)代表の訴えで社会問題となった。

サムスン電子の金奇南(キム・ギナム)社長は「病気で苦しんだ従業員と家族に心からお詫びする」と公式謝罪し、被害者への補償や再発防止策の実行を約束した。黄代表は「娘との約束を果たすことができた。この苦しみを忘れずに協約を履行してほしい」と語った。

●シルム(相撲)が南北共同でユネスコ無形文化遺産に登録

朝鮮半島の伝統競技である「シルム(相撲)」が11月26日、ユネスコ無形文化遺産に南北共同の名前で登録された。南北共同の文化遺産登録は初めて。

共同登録の公式名称は「Traditional Korean Wrestling」(伝統的韓国/朝鮮レスリング)、シルム(Ssirum-北側表記/Ssireum-南側表記)」となっている。

韓国外務省は登録過程について、「南北は同じ民族で、同じ言語を使い、同じ地域で同じ風俗を持って生活してきたという点を会員国に強調してきた」と説明。今後の南北文化遺産交流の契機になるとし、「今後も民族共同の遺産がユネスコに登録されるよう努力する」と明らかにした。