出版物紹介

歴史の意思を実践する 研究所通信

唯物弁証法と民族主義で読む「愛国論」の世界
詳細はこちらをご覧ください。

  • 著者:金政夫
  • 発行:裵東湖記念研究所
  • 発売:民族時報社
  • 頒価:1,000円

薬山のつつじ 金知栄詩集

母と故郷の草花を愛するすべての日本、朝鮮半島の人びとへ。日本・韓国・北朝鮮の対立を乗り越えるための必読書!

  • 著者:金知栄
  • 出版社:コールサック社
  • 発売:2014年2月6日
  • A5判/248頁/ソフトカバー
  • ISBN978-4-86435-143-0 C1092
  • 頒価:1,620円(税込)

前夜

ヘイトスピーチに加担してしまう元在日韓国人の青年とヘイトスピーチを無くしたい在日朝鮮人の青年が二つの相反する世界の論理を語りつくす。

  • 著者:黄英治
  • 出版社:コールサック社
  • 発売:2015年6月12日
  • 46判/352頁/並製本
  • ISBN978-4-86435-196-6 C0093
  • 頒価:1,620円(税込)

あの壁まで

1970年代から80年代にかけて、軍事政権下の韓国で、多くの在日朝鮮人が「北のスパイ」との濡れ衣を着せられて逮捕・投獄された。本作品は、韓国を訪問中に死刑囚として囚われたアボジを救出すべく、次々と迫る困難に立ち向かっていく、ある在日家族の姿を描き出した長篇小説である。

  • 著者:黄英治
  • 出版社:影書房
  • 発売:2013年12月16日
  • 46判/214頁
  • ISBN978-4-87714-442-5 C0093
  • 頒価:1,944円(税込)

記憶の火葬

かつての宗主国・日本の地で、旧植民地人である朝鮮人が生きるとはどういうことか。在日一世の父の死に臨み、その苦難の半生に思いを重ねつつ自己の存在をみつめた「労働者文学賞」受賞の表題小説のほか、日本社会に根を張り続ける民族差別の実態をリアルな生活実感から問うエッセイ、論考、書評等を収録する。

  • 著者:黄英治
  • 出版社:影書房
  • 発売:2007年6月
  • B6判/286頁
  • ISBN978-4-87714-370-1 C0036
  • 頒価:3,024円(税込)