在日韓国民主統一連合

〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3-21 相原ビル4F
℡ 03-3862-6881/fax 03-3862-6882
e-mail:chuo@korea-htr.org

最新号 第1278号(16.09.02)を掲載しました

[Japanese] [Korean]

民族時報のご案内
週刊韓国ニュース(無料配信)のご案内

民族時報 第1278号(4)

光復71周年、ソウルでは多彩な統一行事開催

 北側が南、海外側に呼びかけた「朝鮮半島の平和と自主統一のための北・南・海外の諸政党・団体・個人による連席会議」の北、海外側準備委員会と6・15南側委員会連席会議推進企画団の3者は8月11-12日、中国・瀋陽で連席会議開催のための実務協議を開き、共同報道文(別掲)を発表した。海外からは孫亨根副委員長(韓統連議長、6・15日本地域委員会議長)らが参加した。

 報道文では、連席会議や8・15ソウル民族共同行事を実現できなかったことに遺憾の意を表するとともに、連席会議が祖国統一の新しい出路をきり開くうえで、歴史的にも意義深い提案であるとし、「今後は南側での準備委員会結成に応じて、全民族的な共同準備機構を構成する」と明らかにした。

 一方、6・15共同宣言実践南側委員会は15日、ソウル市内で「光復71周年―朝鮮半島の平和と自主統一のための8・15民族大会」を開催、全民族的な統一大会合の実現を訴える6・15民族共同委員会共同アピール文(別掲)を発表した。
 同委員会の李昌馥常任代表議長は大会辞で、「政府の対北(強硬)政策は明らかに失敗した」と述べ、連席会議実務協議において連席会議をはじめとする交流を全面的に準備するために合意したと報告、「ともに知恵を集めれば和解と協力の道がきり開かれる」と主張した。大会終了後、平和統一大行進が行われた。

 同大会に加えて、この日には8・15全国労働者大会、コリア国際平和フォーラム、前日には両労総統一サッカー大会決勝戦、「南北対話促進・朝鮮半島の平和のための全国代表千人円卓会議」、サード配備反対汎国民大会、8・15自主平和統一文化祭(前夜祭)、8・15青年学生統一文化マダンなど、関連行事が多彩に繰り広げられた。


連席会議開催のための実務協議共同報道文

 「6・15南側委員会連席会議推進企画団」と「朝鮮半島の平和と自主統一のための北・南・海外の諸政党・団体・個人による連席会議北側準備委員会」及び「海外側準備委員会」による実務協議が8月11~12日にかけて、中国・瀋陽で開催された。

 会議では、北側が提案した全民族的な統一大会合と、その最高の形式である連席会議を成功させるための当面した活動方向に対して虚心坦懐に協議し、光復71周年民族共同行事と労働者統一サッカー大会、各界各層の統一会合の問題などについても討議した。

 会議の参加者は、光復71周年を契機に行うとした連席会議を開催できなかったが、連席会議が朝鮮半島の平和と安全を護り、南北関係改善と祖国統一の新しい出路を切り開く合理的な方途であり、歴史的にも意義深い提案であるという点で認識を共有した。

 会議では、当面して朝鮮半島での対決と戦争危機を解消し、統一のための民族の団結した力を強化するために、連席会議の準備のための努力を積極的に展開するとともに、今後は南側での準備委員会結成に応じて、全民族的な共同準備機構を構成することにした。また、連席会議実現に向けた活動を、実情に合わせて多様な形式と方法で展開することにした。

 今回の会議に参加した南・北・海外の代表団は、連席会議の開催とともに光復節民族共同行事、労働者統一サッカー大会などが、南側当局の不許可により今回の光復節で実現できなかったことに対し、深い憂慮と遺憾の意を示すとともに、南・北・海外の接触と往来を正常化するための活動を、より果敢に展開することにした。

 南・北・海外は、今後もより緊密に連携・協議し、連席会議の実現をはじめとした統一会合と接触を全面的に回復するための諸般の問題を、民族の志向と要求に沿って積極的に協議・推進していくことにした。

6・15南側委員会連席会議推進企画団
朝鮮半島の平和と自主統一のための北・南・海外の諸政党・団体・個人による連席会議北側準備委員会
祖国半島の平和と自主統一のための南・北・海外の諸政党・団体・各界人士による連席会議海外側準備委員会
2016年8月12日 中国・瀋陽にて


6・15民族共同委員会共同アピール文(要旨)

 光復71年、分断71年である今日、6・15が切り開いた南北間の全ての統一大路が断絶し、戦争と分断構造を強固にしようとする策動は続いている。わが民族の自主権と平和が保障され、富強繁栄する統一祖国を建設するところに、民族の明るい未来がある。

 6・15民族共同宣言実践民族共同委員会は、このような全民族の願いを先頭に立って実現する固い意志を改めて表明するとともに、全民族に熱烈に訴える。

 祖国の統一問題を、その主人である「わが民族同士」の力を合わせて解決しよう!

 分裂と対決を強いるあらゆる策動をはねのけ、全民族の団結を実現しよう!

 双方の制度と体制を尊重することを基本に、和解と団結を積極的に推進しよう!

 朝鮮半島の平和を脅かすあらゆる戦争対決策動を中断させ、強固で恒久的な平和体制の樹立のために積極的に努力しよう!

 内外の各界各層による多方面の接触と往来、対話と統一会合を復元し活性化しよう!

 6・15民族共同委員会は、内外の各界各層の接触と統一会合を実現するために、継続して先頭に立って努力していくだろう。

 南と北が共同の努力を傾け、開城公団と金剛山観光をはじめ、ともにつくる統一と平和繁栄の結実を一日も早く復元しよう!

 8千万同胞たちよ!

 分裂と対決政策を排撃し、わが民族が力と知恵を集め和解と協力、平和と統一の道をきり開いた経験と成果に基づき、今日の難関と困難を克服しよう!

 民族分裂と戦争対決に終止符を打ち、強固な平和と自主統一への扉を開こう!

2016年8月15日

6・15共同宣言実践南側委員会
6・15共同宣言実践北側委員会
6・15共同宣言実践海外側委員会


サード配備の悪影響を共有

 在日韓国民主統一連合(韓統連、孫亨根議長)は8月14日に関東、東海、関西地域で、18日に広島地域で「光復71周年 祖国の平和と自主統一のための在日韓国人地域集会」を開催した。

 東京都荒川区内で開催された関東地域集会では、冒頭で民衆儀礼を行い、「あなたのための行進曲」を斉唱した。東京本部の梁炳龍代表委員は開会あいさつで「自主的平和統一に向けてまい進しよう」と述べた。

 映像資料の上映後、サード韓国配備と韓米合同軍事演習の中止などを求めて、12日に行われた韓国・米国両大使館への抗議行動に関する報告が行われた。

 情勢講演では、孫議長が「サード配備は朝鮮半島に新冷戦構造をつくり出し、中ロの反発で経済面でも韓国を危機的状況に追い込む」と指摘。連席会議に関しては、中国での実務協議で共同準備機構の構成に合意したことに触れ、「実現に向けた一歩を踏み出した」と述べた。

 各団体の決意表明を受け、韓・米両大使館への抗議文を朗読、確認した。神奈川本部の郭元基代表委員が閉会あいさつした。

 東海地域集会は三重県四日市市内で行われ、三重本部の金相祚代表委員が主催者あいさつし、姜春根副議長が激励あいさつした。宋世一副議長が情勢講演した。

 関西地域集会は兵庫県尼崎市内で開催され、兵庫本部の崔孝行代表委員が主催者あいさつし、朴明哲総務次長が情勢講演した。

 広島地域集会では郭文鎬代表委員が主催者あいさつし、情勢討論で認識を共有した。


サード配備・UFG中止要求

 朴槿恵政権が米国と結託しサード(THAAD、高高度ミサイル防衛システム)の慶尚北道・星州への配備を決定し、韓米合同軍事演習(ウルチ・フリーダム・ガーディアン)を強行しようとすることと関連して、韓統連(孫亨根議長)、韓青(金承民委員長)、民主女性会(金知栄会長)、学生協(康帝洙会長)代表30余人は8月12日、駐日米国大使館と韓国大使館前でオバマ米大統領と朴槿恵大統領に対する抗議行動をそれぞれ行った。

 この日は警察官40余人が抗議団を包囲し、全員での抗議行動を妨害したため、10人の代表団が米大使館前で、他のメンバーは大使館から離れた場所で「サードの韓国配備決死反対」「韓米合同軍事演習中止」「韓米日3角軍事同盟反対」「内政干渉中止」「平和協定締結」を要求し、1時間にわたって抗議行動した。抗議文(別掲)は米大使館の政治部職員に伝達した。

 韓国大使館前での抗議行動も、警察の妨害により5人ずつ2時間にわたって行われた。抗議団は「朴槿恵政権退陣」「韓日『慰安婦』拙速合意破棄」などのスローガンを叫んだ。抗議文(別掲)は大使館側に伝達した。

民族時報 第1278号(3)

【論説】大統領府と朝鮮日報の泥仕合

 執権後半期に入った朴槿恵政権が、大統領府の禹柄宇民情首席秘書官の不正疑惑を報道した朝鮮日報と泥仕合をする醜態をさらしている。

 事態の経過は次の通りだ。朝鮮日報が7月、禹秘書官の家族の不動産投機などに関する疑惑を相次ぎ報じた。市民団体は禹秘書官を公務執行妨害と職権乱用などで告発、野党は一斉に解任を要求した。

 世論の批判に押され、政府高位幹部の不正疑惑を調査する李ソクス特別監察官が、禹秘書官の親族系会社「正剛」の横領背任、息子への特恵と関連した職権乱用などの疑惑に関して検察に捜査を依頼した。

 すると大統領府は、李監察官と禹秘書官の不動産疑惑を報じた朝鮮日報記者の通話内容を、MBCを通じて報道。監察記録の流出疑惑を根拠に「国紀びん乱」と規定した。そして、監察記録の流出可否を確認するとして、2人の携帯電話を押収捜索、検察捜査を要求した。これに対し、李監察官はこれ以上正常な職務遂行は不可能と判断、8月29日に辞表を提出した。朝鮮日報は、禹秘書官の疑惑報道に対する報復だとし反発した。

 セヌリ党の金鎭台議員は、朝鮮日報の宋フィヨン主筆が「大宇造船海洋から約2億ウォン(約1800万円)の外遊接待」を受けたと暴露。これを受けて、宋主筆は辞任した。いよいよ禹秘書官も辞任しなければならないという世論が高まるや、大統領府は宋主筆が昨年、大宇造船海洋の高位幹部の再任を大統領府に要請するロビー活動をしていたと暴露したのだ。

 これに対し朝鮮日報は、李監察官と記者の通話内容、SNSを通じて共有したメモが丸ごと流出したとし、国家機関による不法な盗聴、監聴(裁判所の許可を受けた合法的「盗聴」)、ハッキング疑惑を訴えている。

 一方、批判世論のため、禹秘書官と李監察官を同時に捜査しなければならなくなった検察特別捜査チームは、李監察官の監察室と携帯電話のみ押収捜索し、禹秘書官の事務室と自宅は除外し、携帯電話も押収しなかった。「うわべ捜査」「見てくれだけの捜査」との評価だ。

 大統領府と金議員の暴露資料は、検察や国家情報院などでなければ入手困難といわれる。盗聴・監聴の結果などは捜査機密とされる。

 大統領府が検察や国家情報院などの査定機関を動員し、「禹柄宇擁護」に乗り出したとの指摘だ。朝鮮日報主筆などに対する暴露も、「禹柄宇疑惑の関心そらし」であることに疑いの余地はない。

 朝鮮日報は8月30日、「ジャーナリスト個人の逸脱と、権力不正の報道を連関させてはならない」とする社説で、禹秘書官の疑惑報道は有力な情報をもとに、社会部法曹チームの記者たちが確認し取材した内容であり、こうした疑惑を報道しなければ言論とはいえないと主張している。

 朴政権は不利な局面のたびに、査定機関を動員し邪魔な特定人物を排除することで危機を乗り越えてきた。代表的なのが、2013年に国家情報院の大統領選挙介入疑惑の捜査責任者だった蔡東旭前検察総長を、「隠し子」疑惑報道で排除したことだ。

 朴大統領は、なぜ査定機関を総動員し、禹秘書官を必死に守ろうとするのか。大統領の動きをすべて把握している民情首席秘書官を放り出すわけにはいかないという指摘にもうなずける。セウォル号惨事において、真相が明らかになっていない「大統領の7時間」。そして朴大統領退任後の計画などだ。朴政権の没落が目に見え始めた。

(河民宇記者)


【米国大使館 抗議文(要旨)】核戦争につながるサード韓国配備と合同軍事演習UFGに断固反対する

 米国は朴槿恵政権と韓国配備を決定し、韓米合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」(UFG)を強行しようとしている。

 オバマ政権はサードの韓国配備によって「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の脅威から韓国を守る」と強弁しているが、北朝鮮だけでなく、中国とロシアを監視と攻撃の対象にしているサードは米国のアジア覇権の野欲から出されたものだ。サード韓国配備によってアジアの新冷戦(米国・日本・韓国対北朝鮮・中国・ロシア)が本格化し、韓国はその前線基地となる。そして、東アジア諸国の核軍拡競争を激化させ、核戦争の危機を極度に高める。

 サード韓国配備に対して韓国民や周辺国が猛烈に反対している。平和を望む多くの人々と連帯して、私たちはサード韓国配備が撤回されるまで闘争するだろう。

 北朝鮮を仮想敵国とした核戦争演習であるUFGには韓・米軍約8万人が参加するほか、民間などからも50万人が動員され、核を使用できる戦略兵器も投入される。あわせて演習の直前に米国が最新の戦略爆撃機B1Bをグアムに配備したことを黙過できない。

 サード配備問題で朝鮮半島の緊張が高まっている中、UFGが強行されるならば、朝鮮半島の軍事緊張は極度に高まる。オバマ大統領は即刻、UFGを中止しなければならない。

 アジア覇権の道具となる韓米日3角軍事同盟の完成を急ぐ米国は、韓日関係を「改善」するために躍起になってきた。昨年末の韓日「慰安婦」合意の背後には米国の介入と圧力があった。われわれは韓日間の売国的合意にも、韓米日3角軍事同盟にも、米国の韓国に対する介入と干渉にも断固反対する。

 朝鮮半島の休戦協定が締結されてから63年もの歳月が流れたが、米国は未だに平和協定を締結するための朝米対話を拒否している。こうした米国の北朝鮮敵視政策とアジア覇権主義が戦争危機の根本要因である。核戦争が勃発すれば、米国も致命的打撃を蒙るのは必至だ。米国は自国の軍人と国民の安全のためにも平和協定を締結し、駐韓米軍を撤退しなければならない。

≪要求項目≫
1.サード韓国配備決定を撤回せよ!
1.韓米合同軍事演習UFGを即刻中止せよ!
1.韓米日三角軍事同盟とアジア覇権主義に断固反対する!
1.米国は韓国に対する内政干渉を中止せよ!
1.平和協定締結のための北朝鮮との対話に応じよ!

2016年8月12日

在日韓国民主統一連合
在日韓国青年同盟
在日韓国民主女性会
在日韓国人学生協議会


【韓国大使館 抗議文(要旨)】朴槿恵政権は即刻退陣せよ!


 朴槿恵政権の引き続く悪政失政、繰り返される不正腐敗、底知れぬ無能無責任に対する韓国民の湧き上がる怒りは今や、天を衝く勢いだ。

 「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の核・ミサイルの脅威から国民を守るため」として、星州への配備を電撃決定したサードは、南北関係を一層緊張させるだけでなく、中国とロシアを巻き込んで朝鮮半島と東アジアに「新冷戦」ともいえる対立構図をつくりだし、核戦争の危機を高めると同時に、韓国を最も危険な前線基地にしてしまった。さらに8月22日からは対北核侵略演習といえる韓米合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」を展開するなど、米国に追従して対北強硬路線をひた走る朴政権には、朝鮮半島の平和と韓国民の安全など眼中になく、米国の覇権のために国家主権までさしだしたといっても過言ではない状況だ。

 また、朴政権は8・15ソウル共同行事の開催や連席会議の提案を無視し、南北関係改善を求める声に背を向け、むしろサード配備や軍事演習で朝鮮半島の緊張を煽り立てるばかりである。

 国内では、セウォル号惨事特別調査委員会の活動を強制終了させ、惨事の真相を永久に闇に葬り、責任追求を逃れようとたくらんでいる。そして、セウォル号惨事への抗議行動、サード反対運動にとどまらず、労働闘争、農民運動、青年学生の闘いをひぼう中傷、弾圧して、抑えこもうとしている。

 一方、朴大統領は支持勢力拡大を狙って総選挙の公認作業に露骨に介入、側近の禹柄宇民情首席秘書官の不動産疑惑などのもみ消しと幕引きに必死だ。憲政秩序と民主主義、そして社会正義を踏みにじり、不正腐敗まみれなのは大統領自身である。

 韓日間では、昨年末の「慰安婦」拙速合意に対する国民的な反発を無視して、日本政府と歩調を合わせて財団設立を強行し、この政権がいかに親日かをあますところなく示している。

 総選挙では朴槿恵・セヌリ党政権に対する国民の厳しい審判が下され、与小野大国会が生まれた。しかし、朴政権は一切反省していない。国民を無視し北を敵視しながら、視線はひたすら米日外勢に向いていることがますます明らかになった。自主を放棄し民主を否定し、平和を破壊し統一を阻害する無能無責任・朴政権は即刻退陣しなければならない。国民は黙ってはいない。民意に背く政権の末路は歴史が示すとおりだ。われわれは怒りをもって次のとおり抗議の申し入れをする。

1.売国奴・朴槿恵政権は即刻退陣しろ!
1.サード配備決定を撤回しろ!
1.乙支フリーダム・ガーディアンを中止しろ!
1.韓日「慰安婦」拙速合意を破棄しろ!
1.連席会議と8・15ソウル共同行事を妨害するな!

2016年8月12日

在日韓国民主統一連合
在日韓国青年同盟
在日韓国民主女性会
在日韓国人学生協議会


韓青が夏期講習会開く

「民族的な生き方」学ぶ

 在日韓国青年同盟(金承民委員長)は8月5~7日にかけて、「第50回韓青全国統一夏期講習会」を開催した。

 静岡県御前崎市で開催された東日本講習会では、海水浴や花火大会、韓国料理体験などを楽しんだ。また、金委員長による全体講演やディスカッション、自分史の発表などを通じて、「民族的に生きる」ことについて学習・討論した。

 香川県小豆島で行われた西日本講習会では、自分史の講演やディスカッションを行い、祖国統一の必要性とそれに伴う「民族的な生き方」について認識を深めた。全体講演では、李俊一副委員長が情勢講演し、9月に予定される中央委員会の意義を強調した。文化マダンではサムルノリなどの民族文化を発表、参加者の好評を博した。


Comments are closed.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 韓統連Back_number. All rights reserved.