在日韓国民主統一連合

〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3-21 相原ビル4F
℡ 03-3862-6881/fax 03-3862-6882
e-mail:chuo@korea-htr.org

更 新 日:2012年3月19日(月)

最新号 第1221号(12.03.15付)を掲載しました

[Japanese] [Korean]

民族時報のご案内

ウリ参与センター、総選挙へ投票呼びかけ(12.03.15)

「韓国選挙ニュース」配信

ウリ参与センター、総選挙へ投票呼びかけ

  韓国の国政選挙(国会議員総選挙と大統領選挙)で、今年から在日韓国人を含む在外同胞も投票できることになった。国会議員総選挙の在外選挙 は三月二十八日から四月二日まで、在外公館で実施される。ウリ選挙在日参与センター(ウリ参与センター)は、選挙人登録をした在日同胞に積極的な投票を呼 びかけている。

韓国で公職選挙法などが改正され、在外同胞も国政選挙権を行使できることになった。十九歳以上の韓国籍でパスポートを所持する永住権者は、二〇一二年の国会議員選挙(四月十一日)と大統領選挙(十二月十九日)に投票できることになった。

これに伴い、昨年の十一月十三日から今年の二月十一日まで各地の駐日韓国領事館などの公館で、総選挙の在外選挙人登録申請の受け付けがあったが、在日同胞の登録率は二・七六%という低調さだった。

その原因に、在外選挙人の登録や投票に伴う不合理性や手続きの煩雑さなど実務的な問題がある一方で、韓国政府や東亜日報、朝鮮日報など保守言論の冷戦論理に基づく言動によって日本での在外選挙ムードが萎(い)縮させられたことにある。次期国会での課題でもある。

今 回の在外選挙は、定数三百議席の国会議員選挙のうち、議員個人を選ぶ地域区を除いて、政党に投票する比例代表の五十四議席に投票するもの。投票は在外 韓国大使館や領事館などの在外公館で行う。投票期間は三月二十八日から四月二日までで、投票時間は毎日午前八時から五時まで。

投票時に必要なものは、本人確認ができる顔写真つきの公的な身分証明書(旅券、外国人登録証明書、運転免許証のいずれか)。

投 票方法は、①在外投票所で身分証明書を提示して本人であることが確認された後、投票用紙と回送用封筒を受け取る②記票所に入って投票用紙に支持する政 党を選択して該当記票欄に政党の番号か名前(ハングル)を記票した後、これを回送用封筒に入れてから記票所を出る③回送用封筒を両面テープで封をする④封 をした回送用封筒を投票箱に入れて投票完了―の手順。

韓統連では、「すぐわかる!韓国選挙ニュース」をメール配信し、国政選挙の情報を提供する。申し込みは、 chuo@korea-htr.orgまで。またウリ参与センターでは、アンケートでも表れた祖国の平和統一と在日同胞の権益擁護のため、広報リーフレットを通して積極的な投票を訴えている。

問い合わせは、ウリ選挙在日参与センター℡03―5823―0815/メールアドレス urisenkyo@urisenkyo.com、中央選挙管理委員会の在外選挙ホームページ http://ok.nec.go.krまで。


国会議員総選挙の日程

★在外投票は、 1585日前に過ぎました。
★国会議員総選挙は、 1571日前に過ぎました。

大統領選挙の日程

★選挙人登録申請開始は、 1469日前に過ぎました。
★選挙人登録申請終了は、 1379日前に過ぎました。
★在外投票は、 1333日前に過ぎました。
★大統領選挙は、 1319日前に過ぎました。

【主張】朴槿恵セヌリ党を審判しよう(12.03.15)

 総選挙が四月十一日に迫った。国内より早い在外選挙の投票は三月二十八日から四月二日まで実施される。今回の総選挙を通じて内外の国民は与党セヌリ党の対北敵視政策を徹底的に断罪し、平和と統一に向かう強固な土台を創出しなければならない。

セ ヌリ党を率いる朴槿恵非常対策委員長は父親の独裁者朴正煕の忠実な後継者だ。一九六一年に米国の後押しによる軍事クーデターで執権した朴正煕は数多く の統一人士を処刑し、民主主義と統一を求める民衆の動きを軍靴で弾圧した。民衆の猛烈な抵抗に直面した朴正煕は維新体制という永久独裁のための恐怖政治を 敷いた。結局一九七九年、朴正煕維新独裁は民主化を求める怒とうのような民衆抗争が広がるなかで崩壊した。国民の多くは今でも維新独裁といえば、暗黒の ファッショ時代として記憶している。朴正煕の軍事クーデターが「救国革命」だったと称賛している朴委員長は父親がクーデターで強奪した釜日奨学会を正修財 団として名称を変更しただけで、そっくりそのまま私物化している。朴委員長は独裁者朴正煕の暗い影を引きずりながら同じ道を歩んでいる。朴正煕記念館の建 設など維新体制を美化する画策は朴委員長の浮上をねらったものだ。歴史の逆行を意味する朴委員長の台頭を許してはならない。

李明博大統領 の同伴者であった朴委員長は、李政権の悪政をきっぱりと清算できない。旧ハンナラ党議長や補佐官をはじめ大統領側近の不正、実兄の李相得議 員ら親族の不正、金融や外交に関連した高級官僚らの不正、ソウル市長選挙に対する与党議員の関与が疑われるサイバー攻撃など青瓦台と与党議員、官僚が関与 した権力型の不正・腐敗事件は枚挙にいとまがない。歴代政権のなかで最悪といえる不正・腐敗事件に対し、朴委員長は国政調査権の発動など徹底した調査をた めらっている。南北関係を戦争の瀬戸際まで追いやった李大統領の対北敵視政策に対しても、朴委員長は同調してきた。また昨年末の金正日国防委員長の葬儀に あたっても、李大統領とともに弔問団の派遣に反対した。七年前、国家保安法の廃止に頑強に反対したのも当時、旧ハンナラ党の代表だった朴委員長だ。このよ うに南北対決型の典型的な保守政治家の朴委員長は最悪の南北関係を根本的に転換できない。

セヌリ党のルーツは朴正煕が率いた共和党であ り、全斗煥の民正党、盧泰愚の民自党、李明博のハンナラ党である。独裁者の手足となって反民衆的、反統一 的、反民主的な政策をほしいままにしてきたセヌリ党が包装紙を変え、候補者の顔ぶれを変えたところで本質はまったく変わらない。総選挙で朴槿恵セヌリ党に 国民の厳しい審判が下されるべきだ。


韓統連・会員団体関連(12.03.15)

多彩な文化発表を披露

韓青第48回全国冬期講習会

  在日韓国青年同盟(韓青・文世賢委員長)は「スノーフェスティバル二〇一二」(第四十八回韓青全国冬期講習会)を三月二日から四日まで長野県志賀高原で開 いた。「駆けぬけよう二〇一二!祖国とともに!民族とともに!」をテーマにした講習会には全国各地から同胞青年が参加し、普段経験の少ない同胞だけの空間 で、スキーやスノーボード、レクリエーションを通じて交流と親ぼくを深めた。

一日目はグループ別のプログラムを行った。Aグループは、朴 明哲副委員長が「朝鮮半島と日本の百五十年―在日同胞と祖国をむすぼう」をテーマに講演し、 分断されている祖国と日本のゆがんだ関係、社会構造を変えてこそ民族的に生きることができると訴えた。Bグループは、金承民副委員長が「二〇一二年政治決 戦勝利に向けた私たちの課題」をテーマに講演し、目前に迫る国会議員総選挙、年末の大統領選挙の在外選挙への積極的な参加を通じて進歩的政権交代を実現し ようと強調した。

二日目は、文委員長が「民族的に生きていることへの考察―一人の在日同胞青年の視点から」をテーマに講演し、自身の青年時代の経験を語りながら、民族の未来を開拓すること、現状の矛盾と闘うことこそが「民族的に生きること」であると強調した。

メイン企画の韓青文化マダンでは、タルチュム(仮面の舞)、律動、光州を舞台にした構成劇、サムルノリやプンムルといった民族楽器の演奏など、各本部が民族色あふれる文化発表を披露し、参加者に大きな感動を与えた。

四日の閉会式では、多くの青年同胞が「在日同胞として民族的に生きていく」「積極的に地域で韓青活動を実践したい」と力強く感想を述べた。

 

 

 


宋副議長インタビュー記事

韓統連の宋世一副議長のインタビュー記事が一日、在米同胞インターネット紙「民族通信」( http://www.minjoktimes.com/)に掲載された。同通信の盧吉男代表は二月末、韓統連本部を訪れ、宋副議長と対談した。

宋副議長は、在外同胞も参加する総選挙と大統領選挙に向けた取り組みを中心に二〇一二年の韓統連の方針を説明しながら、選挙を通じて平和・統一と民主主義に重きを置く政治勢力が躍進することを期待していると語った。

ま た、日本での在外選挙人登録率が低調である背景として、手続きの煩雑さと公的な選挙広報が不足していることを指摘し、冷戦論理にとらわれて在外同胞の 選挙権侵害に走る保守勢力の動きを批判した。そのうえで、不平等で閉鎖的な在外選挙は次期国会で改革されるべきだと強調した。


韓米軍事演習反対(12.03.15)

韓米軍事演習中止求め行動

二月二十七日から四月末まで韓国全域で実施されている韓米合同軍事演習「キーリゾルブ」、韓米野外機動演習「フォールイーグル」、韓米合同上陸演習「双龍訓練」の即時中止を求める運動が活発に展開されている。

韓国進歩連帯や全国女性連帯など市民社会団体は二月二十二日、ソウル市内で記者会見を開き、「朝鮮半島全域で戦争演習が継続され、軍事緊張が日増しに高まっている」と強調した。そのうえで、「韓米連合の戦争演習中止・朝鮮半島の平和実現各界共同宣言」を発表した。

ま た翌二十三日から三月九日まで、統一運動元老らがソウル市内の米大使館近くで同演習の中止を求めてリレーろう城を展開した。元老らは週末を除く毎日午 前十一時から午後一時まで、韓米戦争演習の中止と朝鮮半島の平和実現を求めてろう城を行い、市民らに積極的な参加を訴えた。

一方、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の朝鮮中央通信は二十七日、論評で「今回の演習はわれわれの哀悼期間をねらった戦争策動であり、われわれの自主権と尊厳に対する許しがたい侵害行為」だと厳しく非難した。


韓米軍事演習反対民衆共同声明を採択

<3・1節93周年> 都内で韓日連帯集会

三・一朝鮮独立運動九十三周年を迎えて、各地で韓日連帯集会が開かれた。

東京では「三・一朝鮮独立運動九十三周年 韓国・沖縄の人びとと連帯し平和つくろう!二・二五集会」が二月二十五日、都内で開かれた。韓統連と日韓民衆連帯全国ネットワーク(日韓ネット)などで構成する三・一集会実行委員会の主催。

韓国から来た孫美姫氏(世の中を変える民衆の力、全国女性連帯共同代表)が「二〇一二年政治決戦―韓国進歩陣営の闘い」をテーマに講演し、「韓米合同軍事演習に反対する日韓(韓日)民衆の共同声明」を採択した。

大阪では同二十日、「今、再び問う日朝関係正常化!日朝国交正常化の早期実現を求める市民連帯・大阪結成六周年集会」が開かれた。

「歴史認識・戦後補償・日朝国交正常化」をテーマに、日朝国交正常化を求める連絡会の福山真劫共同代表が講演し、野田首相あての要請文を採択した。

同 二十六日にも、韓統連兵庫本部や日本の市民団体などで構成する「対話で平和を!日朝関係を考える神戸ネットワーク」の主催で、「こうして戦争の危機は つくられた―『天安艦沈没』上映会」が神戸市内で開かれた。映画上映の後、康宗憲・韓国問題研究所代表が「韓国民衆のたたかいと朝鮮半島の平和」をテーマ に講演した。三月一日にも名古屋市内で三・一朝鮮独立運動九十三周年記念集会が「韓国併合百年」東海行動実行委員会の主催で開かれ、徐勝氏(立命館大学教 員)が講演した。


【資料】対話に水さす敵対行為

韓米合同軍事演習反対日韓(韓日)民衆共同声明

 二月二十五日、都内で開かれた「三・一朝鮮独立運動九十三周年―二・二五集会」で採択された「韓米合同軍事演習に反対する日韓(韓日)民衆共同声明」(全文)を紹介する。

一 月二十七日に韓米連合軍司令部は、二月二十七日から三月九日にかけて韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」を実施し、三月一日から四月三十日まで韓米合 同野外機動演習「フォールイーグル」を実施すると発表した。また一月十九日に韓国軍は、韓国軍と米海兵隊が三月に最大規模の連合上陸訓練「双龍訓練」を実 施することに合意したことも明らかにしている。

「キー・リゾルブ」演習は「北朝鮮全域を占領し北朝鮮軍を壊滅、北の政権崩壊」など、全面戦争を想定した「作戦計画5027」の移行演習であり、二〇〇九年からはいわゆる「急変有事」に備えた演習の割合を拡大しつつある。

と くに今回の「双龍訓練」は、李ホヨン海兵隊司令官とマイケル・レグノ駐韓米海兵隊司令官が一月十九日の指揮官会議を通じて合意したもので、韓国海兵隊 と沖縄駐留米第三海兵遠征軍所属(司令部=沖縄キャンプ・コートニー)の海兵隊部隊など一万人余りが参加する軍事訓練であり、一九八九年に中止されたチー ムスピリット訓練以後二十三年ぶりに開かれる最大規模の海兵隊上陸訓練とされる。今回の「双龍訓練」に参加する第三海兵遠征軍は、「作戦計画5027」な どで最初に投入される部隊であり、高速上陸艇と大型輸送機、戦闘爆撃機、浸透用輸送ヘリコプター、中型輸送ヘリコプターなどを備え、佐世保の第七艦隊の強 襲揚陸艦などと一体の行動をとる。

韓国軍関係者によると、「韓米両国海兵隊が昨年、旅団級連合上陸訓練を隔年実施で合意して以後初めて実 施される訓練」としながら、「金正日死後、予想さ れる北朝鮮の挑発の可能性を抑制して確固たる韓米同盟を誇示するためのもの」とされている。また、このほか韓米両海兵隊は西北島嶼(しょ)地域防御のため に中隊級野外機動訓練を定例化することにしている。

韓米軍事演習は平和を破壊する軍事挑発だ

韓米連合司令部は「キー・ リゾルブ」や「フォールイーグル」演習について、「通年で行われる防御的訓練」だと主張しているが、演習に適用される「作戦計 画5027」は侵略を撃退するという名目で「攻撃の兆し」があれば先制攻撃することも含んでおり、侵略を撃退するだけでなく北朝鮮全域を占領し、政権を崩 壊させることをその目的としている。また、いわゆる「急変事態に備える」という名目で、北の政権崩壊、ピョンヤン占領、代理統治機構の樹立までをも想定し た軍事訓練を並行することにより、「北の政権崩壊」という立場を明確にしている。

海兵隊は浸透、上陸を担当する典型的な攻撃戦力であり、 「作戦計画5027」によると、海兵隊上陸は「ピョンヤン占領」を想定した段階で行われる作戦 だ。毎年行われる「キー・リゾルブ」や「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」期間には、すでに三千人規模の海兵隊が参加する韓米連合の海兵隊上陸訓 練が行われてきたが、今回の上陸訓練こそ、これら演習の攻撃性を象徴するものであり、内外の集中批判を受けてきたものだ。しかし、今回前例のない大規模な 海兵隊上陸訓練を追加並行するということは、朝鮮半島一帯の軍事的緊張を一挙に高めるものである。

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)では金正日総書記が急逝し、金正恩新体制が発足したばかりの今、韓米両軍があえてこのような大規模な軍事演習を行うことは、明らかな軍事的挑発以外の何ものでもない。

と くに前例のない大規模な海兵隊上陸訓練を追加実施するということは、対話や米朝会談、六者協議の進展に水を差す敵対的行為としかいいようのないもの だ。そもそも二〇一〇年に発生した疑惑だらけの哨戒艦「天安号」沈没事件は「キー・リゾルブ」「フォールイーグル」軍事演習の最中に起こり、同年十一月二 十三日の延坪島砲撃事件も、「天安号」沈没事件を口実とした大規模な韓米海兵隊砲撃演習の最中に発生したということを見逃してはならない。

停戦協定を平和協定に

平和を求める日韓(韓日)の市民・民衆は、こうした韓米合同軍事演習の中止を共同して強く求めるものである。

朝 鮮半島の軍事的緊張の根源は、朝鮮半島が依然として「撃ち方やめ」に過ぎない停戦状態のまま放置されていることにある。六・一五南北共同宣言(二〇〇 〇年)と一〇・四南北首脳宣言(二〇〇七年)は、朝鮮半島の和解と平和・統一の大方向を確認し、その具体化として朝鮮戦争の終結・平和協定締結問題や西海 (黄海)の平和地帯化を目指すことでも合意した。このことは朝鮮半島の人びとにとってだけではなく、日本を含む東北アジアの平和を願う民衆にとっても歓迎 すべきものであった。

       平和を願う日韓(韓日)の市民・民衆は、関係する諸国政府に次のように要求する。
       一、韓国政府は、韓米合同軍事演習を中止し、六・一五、一〇・四宣言を履行せよ。
       一、米国政府は、韓米合同軍事演習を中止し、北朝鮮との対話をはかり、六者協議の再開などあらゆる場を通じて、停戦協定の平和協定への転換を行え。
       一、日本政府は、韓米合同軍事演習へのあらゆる加担をやめ、軍事緊張をもたらす韓米軍事演習への反対を公式に表明せよ。「制裁」を解除し、日朝正常化交渉を再開せよ。普天間基地を閉鎖し、朝鮮半島やアジア諸国への出撃拠点となる辺野古新基地建設計画を撤回せよ。

日本側=二〇一二年三・一朝鮮独立運動九十三周年集会実行委員会(構成五団体)

韓国側=韓国進歩連帯(構成二十三団体)


【資料】与・野党3党の平和・統一政策に関する基本政策(12.03.15)

セヌリ党

朝鮮半島の平和を基礎とした国益中心の外交と、朝鮮半島統一時代の主導

(強固な安保体制の確立と軍服務システムの改善)

軍 の精鋭化と国防力強化を通して自主国防を志向し、未来志向的国防体制と強固な韓米同盟を土台に朝鮮半島の平和を確固に維持する。周辺国との安保協力と平 和定着にも主導的に参与する。兵役義務を遂行する青年らにとって軍服務期間が自己実現と能力開発の貴重な機会になるよう、服務システムと兵営文化を画期的 に改善し、軍福祉を拡大する。(略)

(国益と信頼に基づいた平和志向的な均衡外交)

朝鮮半島の安定と国益実現のための平和 志向的な均衡外交を追求する。同盟国および友邦国をはじめ近隣諸国との協力的信頼関係を強固にし、国際社会の一員と して環境外交、公的開発援助などの責任を積極的に受容する。世界経済の変化に積極的に対応し、経済領域を拡張していくが、国益優先を通商政策の最優先目標 を設定する。

(朝鮮半島の平和と統一のための努力強化)

自由民主主義と市場経済秩序を基礎にした平和統一のため、国民の合 意を土台に原則に立脚した柔軟な対北政策を推進する。南北間の多様な対話と交流協力を 通して民族の同質性を回復し、共同の利益を増進させていく。北朝鮮の核問題など、朝鮮半島の平和への脅威に対しては断固と対処し、北朝鮮の同胞が人間らし い生を享受できるよう北朝鮮の人権改善と同胞愛的次元の人道支援を継続していく。われわれは、北朝鮮が国際社会の責任ある一員として参与できるよう積極支 援することで、朝鮮半島の平和と北朝鮮の開放を促進し、統一韓国が世界平和と人類繁栄を主導する中心国家になるよう努力する。

民主統合党

「平和・共栄の新たな朝鮮半島時代開幕」のための三大戦略十大課題

三大戦略

〈戦略一〉朝鮮半島の平和体制を構築します。

・不安定な停戦体制を恒久的な平和体制に転換させることは、時代的課題、平和協定締結と南北の四大国によるクロス承認(朝米、朝日正常化)で朝鮮半島の冷戦秩序の完全解体。

〈戦略二〉北方経済時代を開きます。

・南北経済共同体を基盤に、中国、ロシア、欧州などユーラシア大陸経済と連結する北方経済協力で、わが経済の持続成長の動力を確保して平和を実現する「平和と経済が循環する構造」の実現。

〈戦略三〉北東アジア協力外交を強化します。

・北東アジア秩序の転換期に、わが外交の課題は朝鮮半島の平和体制を樹立し、これを東北アジア安保協力体制構築にまで拡大。

・未来志向的な韓米同盟強化と周辺四大国との協力外交の強化を通してわれわれの位相の向上と役割の拡大。

十大課題

〈課題一〉南北基本合意書、六・一五共同宣言および一〇・四宣言を履行します。

・南北間の断絶した疎通を回復するため、南北基本合意書(一九九二年)、六・一五共同宣言(二〇〇〇年)、一〇・四宣言(二〇〇七年)を履行し、南北の首脳会談を定例化。

・首脳会談合意事項の総括履行機構として首相会談を開き、南北国会会談の推進のために国会内に「南北国会会談推進特別委員会」を構成。

・政治、経済、軍事、社会文化、人道的問題、女性、環境など分野別各級会談を制度化。

〈課題二〉南北主導で朝鮮半島の平和協定を締結します。

・六者協議を再開し、これと同時に朝鮮半島の平和協定論議を本格推進。

・平和協定締結を南北が主導することで北の核問題解決も促進し、南北軍事管理機構を構成して偶発的な衝突防止はもちろん、軍事的信頼を構築して軍備縮小に向けて努力。

〈課題三〉六者協議再開などを通して、北の核問題を解決します。(略)

〈課題四〉西海(黄海)を平和経済協力地帯に転換させます。(以下略)

統合進歩党

「平和な朝鮮半島」のための三+一課題、十五大公約

三大核心課題

一、二〇一五年、非核化・平和協定・朝米国交完結、二〇二〇年、朝鮮半島平和体制実現。

〈公約1〉二〇一五年、北の核兵器を外国に移転、平和協定を締結、朝米国交を完結。

〈公約2〉軍事会談とホットライン復元、戦争拡大防止体系を構築、西海(黄海)に平和生態環境区域を造成。

〈公約3〉二〇二〇年までに兵士服務期間を十二か月に短縮、OECD平均であるGDP対比一・六%水準に軍事費を縮小。

〈公約4〉代替服務制導入、軍人権法制定、兵士賃金を最低賃金水準に引き上げ。

二、脱冷戦的韓米関係への転換と東アジアの平和・共栄共同体建設。

〈公約5〉派兵同盟化の「韓米同盟未来ビジョン」を廃棄、「韓米同盟評価と代案委員会」を設置。

〈公約6〉駐韓米軍駐屯軍地位協定(韓米SOFA)の全面改正。

〈公約7〉一兆三千億ウォンの防衛費分担金の還収および防衛費分担金特別協定の再協議。

〈公約8〉済州海軍基地建設の白紙化、東アジア平和共同体建設の推進。

〈公約9〉共存共栄の東アジア通貨・物流・エネルギー経済共同体を実現。

三、南北交流協力の復元および南北経済協力公社の設立、国家保安法の廃棄と六・一五共同宣言、一〇・四宣言履行特別法の制定。

〈公約10〉五・二四措置を廃棄、金剛山観光、人道的支援、離散家族再会事業などを直ちに再開。

〈公約11〉六・一五共同宣言、一〇・四宣言履行特別法の制定および南北関係の不可逆制度の導入。

〈公約12〉南北経済協力公社を設立、鉄道とガス管の連結など南北経済協力事業を活性化。

〈公約13〉南北国会会談の成功と定期的開催。

〈公約14〉反民主・反統一悪法である国家保安法を直ちに廃棄。

+1実践戦略

〈公約15〉平和統一副総理が統一・国防・外交政策を一貫して推進。


【論説】総選挙勝利に向け実現した野党連帯

セヌリ党と1対1の構図へ

  四・一一総選挙まであと一か月を残し、民主統合党と統合進歩党は三月十日早朝、二十二日目にして野党連帯(野党の選挙・政策で協力)協議を劇的に成立さ せ、総選挙後の野党共同政策合意文を発表した。これによって、今回の総選挙はセヌリ党と一対一の構図で選挙戦が展開される展望だ。両党は野党連帯交渉で一 度は決裂を宣言するなどの陣痛も経験したが、「野党連帯実現のための非常時局会議」が開かれ、「候補一本化は何よりも優先される歴史的責務」であり、野党 連帯が座礁すれば共倒れになるという市民社会の強い憂慮と政権交代実現という民族の課題の前に、国民の期待に応じる結果を引き出したといえる。

野 党連帯の合意で、統合進歩党は二十議席以上の院内交渉団体構成が視野に入ってきた。李明博・セヌリ党政権審判を望む無党派層を引き込む効果があるだけ でなく、最近の民主統合党の支持率低下の打開、進歩志向有権者の民主党に対する批判的見解も緩和する契機になるものと見られる。だが、両党の野党連帯で公 認が外される候補者の反発も見過ごせない。

四・一一総選挙でともに勝利

民主統合党の韓明淑代表と統合進歩党の李正姫共 同代表は合意文を通して、民生破たんと不正腐敗にまみれている李政権とセヌリ党政権の審判、民主主義と平 和の回復、労働尊重の福祉社会の建設という国民の希望を実現するために、全国的かつ包括的な野党連帯に合意したと発表した。

両党は四・一一 総選挙で野党一本化候補でともに勝利し、総選挙後に構成される第十九代国会で、両党が合意した「共同政策合意文」を実践することを誓い、 連帯の精神に沿った野党候補一本化案に合意した。総選挙候補の一本化は、セヌリ党と一対一の構図を実現するために、互いに合意した例外地域を除いたすべて の選挙区を野党連帯地域として選定することにした。一本化候補の予備選挙は一〇〇%世論調査方式で三月十七、十八日に行われる。

両党は野 党連帯のための候補辞退地域を選定、その他の地域は一本化に向けた予備選挙を実施することにした。両党候補間での予備選挙地域は七十六か所だ。 地域別にソウル二十一、京畿二十三、仁川五、嶺南二十一、忠清一、江原三、済州二か所となる。釜山と蔚山、仁川は地域の合意を尊重し、大邱、慶北地域と湖 南地域は例外地域と認定した。統合進歩党の李正姫(ソウル冠岳乙)、沈サンジョン(京畿高陽徳陽甲)共同代表、魯会燦(蘆原丙)、千皓宣(恩平乙)共同ス ポークスマンの地域区は予備選挙地域に分類された。

野党連帯で民主統合党は無公認または候補辞退地域区が十六か所あり、統合進歩党は無公 認十一か所、候補辞退五十八か所など六十九か所で候補を出さないこと にした。統合進歩党候補で一本化される戦略地域は十六か所だ。首都圏の場合、民主党は京畿城南中院、議政府乙、坡州乙、仁川南区など四か所で候補を出さな いことにした。

地域別候補一本化と民主統合党の公認申請者がいない地域を除いて、民主党候補が辞退することにした地域は九か所だ。ソウル 地域の場合、民主党候補の辞退 はなく、進歩党の辞退は十二、予備選挙地域は二十一だ。京畿では民主党候補の辞退地域は三、進歩党の辞退は二十、予備選挙地域は二十三か所だ。慶南は全地 域区で予備選挙戦による候補一本化に合意した。湖南は光州西乙が進歩党候補で一本化が決定した。また嶺南八か所で進歩党候補の一本化に合意した。

野党連帯共同政策合意文

共 同政策合意文では「李明博政権執権の四年は、民生破たんと権力型不正まみれの国民を絶望させた時代だった」と規定し、最も関心を集めた韓米FTAに関 しては、「李明博政権が締結・批准した韓米FTAの施行に全面的に反対する」という線で合意した。また済州島江汀村での海軍基地建設工事に対し、工事の即 刻中断とともに工事計画の全面再検討を行い、責任究明のための国政調査を実施することにした。第十九代国会で最優先で実践する民生懸案、庶民の住宅安定、 物価安定、雇用創出など五大課題と、言論悪法の全面改正、四大河川事業の真相と責任究明のための国政調査、南北国会会談の推進および六・一五、一〇・四宣 言の履行を保障する立法措置、高位公職者不正捜査機関の新設と検察改革の推進、権力型不正事件に対する国政調査実施など、李政権の政策に対する審判を誓っ た。

また、憲法百十九条二項に沿った経済民主化と、普遍的福祉の実現のための七大課題を提示した。財閥改革政策を推進し、福祉財源拡充の ために所得最上位 一%に対するスーパー富裕層増税などを推進することにした。両党は共同政策実現のために四・一一総選挙の後、民主党、進歩党、市民社会団体が参加する共同 政策推進と履行点検のための常設機構を構成して運営することに合意し、国民の多様な意思を反映するためにドイツ式政党名簿比例代表制などを含んだ選挙制度 の改革を推進することにした。

今回発表された民主統合党と統合進歩党の共同政策合意文は、昨年から野党四党と市民社会団体が協議して用意 した「希望二〇一三宣言」と「大韓民国を変え る二十の約束」を基礎として作られた野党陣営の共同政策実践課題だ。総選挙後には、韓国社会の変化と発展、南北関係の改善が期待される。二〇一〇年の六・ 二地方選挙では候補一本化を通じて旧ハンナラ党を圧倒して勝利し、昨年は一〇・二六ソウル市長選挙で勝利した。総選挙での勝利は、政権交代の幕を開くこと になるだろう。

(河民宇記者)


Comments are closed.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 韓統連Back_number. All rights reserved.